HOME

>

M&A業界動向

>

食品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

味の素<2802>、仏の冷凍食品会社ラベリ・テレトル・スージェレ社を買収

掲載日:2017年07月24日

味の素(本社:東京都中央区、社長:西井孝明)は、連結子会社である欧州味の素食品社(本社:フランス共和国パリ市、社長: アラン・ブリオン)を通じて、フランスのラベリ・テレトル・スージェレ社 (本社:フランス共和国 ル ヌブール市、代表者:Lilas France S.A.S.、以下LTS社)を買収することを決定し、LTS社の親会社であるラベリ・ファイン・ フーズ社(以下LFF社)と株式売買契約を締結したと発表した。

買収金額は、LTS社の企業価値を21百万ユーロ(約27億円)とし、LTS社の全株式対価および LFF社がLTS社に対して有する債権を合わせたものになる予定で、 本年11月(予定)に 欧州味の素食品社がLTS社の全株式を取得した後に確定する予定。

本買収により、LTS社の生産基盤および家庭用販売チャネルでの市場到達力と、味の素グループのスペシャリティ(製品開発・生産技術力)を統合し、フランスにおける冷凍食品事業基盤を拡充する。今後、欧州におけるコンシューマー食品事業を一層強 化し、同事業の成長を加速する。

欧州の冷凍食品市場は2015年で約410億ユーロ(約5.2兆円※、出典:Euromonitor 2016)と 巨大であり、安定的に成長している。中でもアジアン市場は近年二桁成長を続けており、約5億ユーロ (約640億円;2016年当社推定)に達している。

LTS社は主にフォアグラ、スモークサーモン等のチルド食品を製造・販売するLFF社の冷凍食品事業子会社で、2016年度の売上高は約50百万ユーロ(約64億円)に達します。LTS社は現在フランスを 中心に事業展開し、高品質なデザートやアペリティフ(パイ生地のおつまみ)でフランスNo.1ブランドの 「LABEYRIE」製品や、「Blini」ブランド製品、パイやリゾット等を大手流通に販売している。

今回の買収により、餃子を強みとする味の素グループ製品をLTS社の家庭用販売チャネルで拡売し、加えて LTS社製品を当社の既存外食用販売チャネルで販売することで、フランスにおける冷凍食品事業基盤の拡 充を図るとともに、高品質なLTS社製品の他国への展開も進める予定。

■ラベリ・テレトル・スージェレ社の概要
(1)会 社 名:LABEYRIE TRAITEUR SURGELÉS S.A.S.
(2)所 在 地:フランス共和国 ル ヌブール市
(3)設立時 期:2010年(LFF社が Brossard Frozen Food を買収した年を記載)
(4)代 表 者:Lilas France S.A.S.(LABEYRIE グループのホールディングカンパニー)
(5)売 上 高:約50百万ユーロ(約64億円)
(6)従業員 数:316名(2017年4月時点)
(7)事業内 容:冷凍食品の製造・販売
(8)資 本 金:6百万ユーロ(約8億円)
(9)株主構 成:ラベリ・ファイン・フーズ社 100%

(食品製造のM&A)

食品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。