HOME

>

M&A業界動向

>

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

日本たばこ産業<2914>、インドネシアのたばこ製造会社を約745億円で買収

掲載日:2017年08月09日

日本たばこ産業(本社:東京都港区、代表:代表取締役社長 小泉 光臣)は、インドネシアにおいてクレテックたばこ事業を展開する PT. Karyadibya Mahardhika(以下、「KDM 社」)及び同社製品の流通・販売を担う PT. Surya Mustika Nusantara (以下、「SMN グループ」)の全発行済株式を 677 百万米ドルで取得することについて合意し、契約を締結したと発表した。必要な手続きを経て、2017 年 12 月期 第 4 四半期に完了する予定。

インドネシアは、世界第2位のたばこ市場であり、クレテックたばこがその太宗を占めている。クレテックたばこは、たばこ葉にクローブを混ぜたたばこであり、機械巻き又は手巻きによって製造されている。 現在、日本たばこ産業グループは同国において主に紙巻たばこ事業を展開しておりますが、本買収を通じて、同国のクレテックたばこ市場におけるプレゼンスの拡大を図る。

KDM 社は、ジャワ島における 9 つの製造施設にてクレテックたばこを製造しており、SMN グルー プがインドネシア全域で同社製品の販売を行っている。なお、KDM 社及び SMN グループには、総 計約 7,500 名の従業員が在籍している。

【異動する子会社の概要】
(1) 所在地 Tawang Rejo, Pandaan Pasuruan 67156 Indonesia
(2) 代表者の役職・氏名 Daniel Widjaja 氏 (Director)
(3) 事業内容 クレテックたばこの製造
(4) 資本金 約 3 兆 4,377 億インドネシアルピア(約 299 億円)
(5) 設立年 2000 年
(6) 大株主及び持株比率 PT. Hari Mahardhika Usaha (99.99%)
(7) 上場会社と当該会社との間の関係  資本関係:無し、人的関係:無し、 取引関係:無し
(8) 税込売上高(2016 年) 約 6 兆 8,287 億インドネシアルピア(約 560 億円)
(9) 従業員数 約 1,000 人

【SMNグループ概要】
(1) 所在地 Kembangan Utara, Jakarta Barat 11610 Indonesia
(2) 代表者の役職・氏名 Iwan Budy Wiratmana 氏 (Director)
(3) 事業内容 KDM 社製品の流通及び販売
(4) 資本金 1,145 億インドネシアルピア(約 10 億円)
(5) 設立年 2008 年
(6) 大株主及び持株比率 PT. Hari Mahardhika Usaha (99.99%)

(注)KDM 社及び SMN グループの資本金及び税込売上高の円換算レートは以下のとおりです。 資本金:1 インドネシアルピア=0.0087 円(2016 年 12 月期 期末レート) 税込売上高:1 インドネシアルピア=0.0082 円(2016 年 12 月期 期中平均レート)

 

 

(医薬品・化学製品製造のM&A)

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。