HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

ダイキン工業<6367>、伊のフッ素樹脂コンパウンドメーカーを買収

掲載日:2017年09月04日

エアコン世界首位のダイキン工業(本社:大阪市北区、代表:取締役社長 兼 CEO 十河 政則)は、イタリアのフッ素樹脂コンパウンドメーカーであるヘロフロン社(Heroflon S.p.A.)の買収に合意した。同社経営陣が保有する全株式を取得し、必要な手続きを経た上で2017年10月末に買収を完了する予定。

ヘロフロン社は、さまざまな材料を配合して、高性能の樹脂に仕上げるコンパウンドメーカーであり、自動車、建機、電力、化学工業など幅広い分野向けに、高機能・高付加価値のフッ素樹脂ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)を中心とした樹脂コンパウンド、マイクロパウダーなどの製品ラインアップを有し、欧州を中心に事業を展開している。

ダイキン工業は、PTFE などの各種フッ素樹脂をコンパウンダーなど樹脂の成型加工会社に供給しており、この買収によりは、フッ素樹脂のコンパウンド事業に参入し、ヘロフロン社の樹脂コンパウンド製品およびマイクロパウダーをグローバル販売網を活用し拡販することが可能となる。さらに欧州の自動車メーカーとの関係をより強化し、顧客ニーズにあわせた商品開発を加速することで、フッ素ゴム、冷媒とあわせ自動車向けのフッ素材料の拡販も実現していく。

自動車では樹脂の利用拡大による部品の軽量化や小型化、低燃費化が進んでおり、それに伴い耐熱、耐摩耗などフッ素材料を活用した機能強化のニーズが高まっている。その動きに対応するため、当社は商品開発、テクニカルサービスを強化していくことで、フッ素樹脂・ゴム事業のグローバルでの売上高を2020年に1000億円に伸ばす予定。

【ヘロフロン社の概要】
1) 社名 : ヘロフロン社(Heroflon S.p.A.)
2) 所在地 : イタリア ブレシア県
3) 代表者 : CEO イボンヌ・ロカテッリ
4) 資本金 : 1.5百万ユーロ
5) 設立 : 1985年
6) 事業内容 : PTFEコンパウンド、マイクロパウダーなどの製造、販売
7) 売上高(2016年度) : 29百万ユーロ
8) 従業員数 : 約100名

(機械・金属製品製造のM&A)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。