HOME

>

M&A業界動向

>

食品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

サカタのタネ<1377>、ヨルダンのキュウリ育種会社を買収

掲載日:2017年10月05日

種苗大手のサカタのタネ(本社:横浜市都筑区、代表:代表取締役社長 坂田 宏)は、グローバル戦略の一環として、当社の欧州地域の統括子会社European Sakata Holding S.A.S(ESH)を通じて、ヨルダンのキュウリ育種会社「Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.」(McAVET社、以下、マカベット社)を買収したと発表した。

マカベット社は、キュウリを専門とする育種会社で、育種と生産、種子の販売を行っている。

サカタのタネは、世界的な市場があるキュウリをグローバル戦略品目の1つとして位置付けている。キュウリの研究開発を加速させるとともに、当社の海外拠点との連携を深めることにより、グローバル体制の強化を図る。

取得価格等については、買収先の株式が非上場であり、個人であることなどから開示を控えている。

【マカベット社の概要】
名称:     Al Mourog Al Kasbah for Agri & Vet Co.
所在地:  Al-baqee street, Building Nr 32, Dahiyet Al-Rasheed, AMMAN , JORDAN
代表者の役職・氏名:           Mustafa Khalid Ibrahim Jarrar 社長
事業内容:            キュウリの研究開発、種子の生産および販売

(食品製造のM&A)

食品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。