HOME

>

M&A業界動向

>

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

ユニゾン・キャピタル、ホテル・レストラン経営のフォーブスを買収

掲載日:2017年12月21日

ユニゾン・キャピタル4 号投資事業有限責任組合及びUnison Capital Partners IV(F), L.P.(以下「ゆにニゾン」)は、ホテル・レストランの経営等を行っているフォーブス(本社:東京都千代田区、代表:代表取締役松﨑 充宏)の株式を取得したと発表した。

フォーブスは、1990 年の1 号店のオープンから約30 年を経て、全国で24 店舗のホテルとレストランをそれぞれ運営している。ホテル事業では、「ホテルウィングインターナショナル」のブランドのもと、「食」と「泊」のコラボレーションという他社にはない独自の発想をプラットフォームとして進化させつつ、直近では高いデザイン性を誇る新たなホテルフォーマットの開発も進めている。

今後、フォーブスは毎年5〜10 店舗の新規出店を行っていく計画であり、特に、中核都市においては宿泊特化型ホテルにおけるアッパーミドルクラスに注力していく。大手ホテルチェーンの標準的規格とは異なる柔軟なプランニングにより、土地オーナー様のご期待に独自の視点から応えるとしている。

ユニゾンは、これまでの多店舗展開企業の支援実績を活かし、マーケティング、組織体制の整備、従業員の採用活動の強化などフォーブスへの経営リソースの提供を行う。また、本件を機に、弊社の資金力をもとに宿泊特化型ホテルを中心に他のホテルチェーンの買収・資本提携などを進めていくことを想定している。これらを通じて、ユニゾンは宿泊客の皆様に愛されるホテルプラットフォームの構築を目指す。

(飲食・ホテル・旅館のM&A)

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。