HOME

>

M&A業界動向

>

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

オリックス・レンテック、受変電設備レンタル大手の淀川変圧器を買収

掲載日:2018年01月04日

オリックス・レンテック(本社:東京都品川区、代表:代表取締役 井尻 康之)は、受変電設備レンタルの業界最大手である淀川変圧器(本社:大阪府大阪市、代表:代表取締役 山本 祥平)の発行済株式のすべてを取得することで合意し、このたび、ポラリス・キャピタル・グループ(本社:東京都千代田区、代表:代表取締役社長 木村 雄治)との間で株式譲渡契約を締結したと発表した。
 
淀川変圧器は、受変電設備*1のレンタル業界で最大手の総合エンジニアリング会社。特に、キュービクル*2をはじめとする受変電設備や発電機、変圧器などの設備をレンタル製品として豊富に取り揃え、また受変電設備をオーダーメイドで組み上げるなど、高い技術力を有している。

受変電設備のレンタルは、主に鉄道やトンネルなどのインフラ建設工事や、工場や大規模ビルなどの既存電気設備の更新・メンテナンス、メーカーによる製品の研究試験評価の際など、土木建設、電気工事、重電業界などで幅広く利用されています。2020年の東京オリンピックを目前に控えた建設工事の活況や、“保有からレンタルへ”というお客さまニーズの高まりなどを受け、レンタル需要は拡大している。

オリックス・レンテックは、電子計測器やIT関連機器など、40年以上に亘って精密機器のレンタルサービスをご提供しています。また、資産管理ノウハウを生かし、現在ではロボット、ドローン、3Dプリンタを活用した各種サービスなど事業の幅を広げている。

今回の買収により、淀川変圧器をオリックスグループに迎え入れることでレンタル事業における商品ラインアップの拡大を図るとともに、両社が持つ専門性と顧客ネットワークの融合を進め、事業シナジーを追求する。

*1受変電設備:電気事業者から受電した電力を使用施設に適した電圧に変換する設備で、変圧器のほか、各種保護装置や制御装置などから構成される。

*2キュービクル:キュービクル式高圧受変電設備の略称で、高圧電力用の受変電設備一式を金属製の箱に収めたもの。

■淀川変圧器株式会社の概要
会社名   :淀川変圧器株式会社
設立年月日 :1965年10月
本社所在地 :大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー11階
代表者   :山本 祥平
事業内容  :受変電・発電設備機器、各種変圧器、キュービクル等の製造、レンタル、販売、買取

(金融・リース・レンタルのM&A)

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。