HOME

>

M&A業界動向

>

人材関連・アウトソーシング業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

人材関連・アウトソーシング業界のM&Aニュース

じげん<3679>、ホテル情報WEBメディア運営のアップワールドHDを買収

掲載日:2018年01月19日

じげん(本社:東京都港区、代表:代表取締役社長 平尾 丈)は、平成 30 年1月 15 日夜間開催の取締役会において、アップルワールド・ホールディングス(本店所在地:東京都豊島区、代表取締役:小木尊人、以下「APWHD」)の発行済株式の 100%を取得し、連結子会社化することを決議したと発表した。取得価額は、およそ1,434 百万円。

APWHD は、アップルワールド(本店所在地:東京都豊島区、代表取締役:雙木好美、以下「APW」)の完全親会社として平成26 年にアント・キャピタル・パートナーズ株式会社(本店所在地:東京都千代田区、代表取締役:飯沼良介)が運営するアント・カタライザー4号投資事業有限責 任組合等の出資により設立され、平成 29 年3月期の連結取扱高は 5,597 百万円、連結営業収益は 719 百万円、連結EBITDA は94 百万円でした。

APW は、世界約150 ヵ国約11 万件のホテル情報を、日本国内を主とする旅行代理店約3,000 社や 提携企業、個人ユーザーに提供するランドオペレーションアグリゲーターとして、法人向け WEB メ ディアである『アップルワールド』と個人向け WEB メディアである『ホテリスタ』を主に運営している。

当社の強みであるマッチングテクノロジーやプラットフォーム構築力を活かし、仕入先、販売先 との連携深化や個人向けメディアの強化を行うことで、APWHD の持つ国内旅行代理店や海外ホテルネットワークを最大限活用し、企業価値向上を目指す。

株式取得金額の全額を、現預金として有している第5回新株予約権の行使による調達額で充当する予定で、新規借り入れやエクイティファイナンスの計画はない。 当社連結の平成30年3月期末親会社所有者帰属持分比率は約55%、のれん/資本倍率は約0.7倍と、中期経営計画で掲げている財務目標(親会社所有者帰属持分比率40%以上、のれん/資本倍率1.0 倍程度)の範囲内となる見通し。

(人材関連・アウトソーシングのM&A)

人材関連・アウトソーシング業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。