HOME

>

M&A業界動向

>

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

ネットオフ展開のリネットジャパンG、チャムロン社を買収

掲載日:2018年02月14日

リネットジャパングループ(本社:愛知県名古屋市、代表:代表取締役社長 黒田武志)は、 カンボジアにおける金融事業第2弾として、ソーシャル・マイクロファイナンス機関である 「Chamroeun Microfinance Plc.(以下「チャムロン社」という)」の主要株主から株式を取得し、 筆頭株主(持分比率 90%)となる株式譲渡契約を締結したと発表した。 本買収の実行は、カンボジア中央銀行(以下「NBC」という)など規制当局の承認取得を前提と しており、2018 年8月までに完了することを予定している。

チャムロン社は、ノーベル平和賞受賞者 ムハマド・ユヌス氏が創設したバングラデシュのグラミ ン銀行やフランスの大手金融機関クレディ・アグリコルが関与するフランス系の社会課題解決型ソ ーシャル・マイクロファイナンス機関であり、グラミンで培われたノウハウが数多く取り入れられている。この度、大株主であるフランスの代表的 NGO である「Entrepreneurs du Monde(以下 「EdM」という)」や上記金融機関のマイクロファイナンス投資ファンド「Grameen Credit Agricole Microfinance Foundation(以下「GCA」という)」などから株式を取得し、カンボジアでのマイク ロファイナンス事業に参入する。

本買収により、カンボジア全土に 21 の支店、職員約 200 名、顧客口座約 24,000 を有する同社ネ ットワークを活用しファイナンス事業の拡大を加速させる。先般、金融事業の第1弾として 発表した車両などのリース事業とも連携させることで、広域での事業シナジーを追求していく考え。

【Chamroeun Microfinance Plc. 会社概要】
チャムロン社は、世帯収入の増加や、災害・事故・病気等の突発的支出をカバーすることを目的 に、融資・貯蓄・マイクロ保険サービス・社会的サービス(ソーラー発電システムや衛生的な水へ のアクセス等)を幅広く提供し、同国民の長期発展を促すため、2006 年からカンボジアで活動し ているマイクロファイナンス機関です。

フランスの代表的 NGO である EdM が 2005 年に前身のプロ ジェクトとして立ち上げ、2011 年にカンボジア中央銀行(NBC)からマイクロファイナンス機関ライセンスを取得しました。その後、フランスの大手金融機関である「クレディ・アグリコル」とバ ングラデシュの「グラミン銀行グループ」のマイクロファイナンス投資ファンドによる出資と運営 ノウハウが導入されたカンボジアを代表するソーシャル・マイクロファイナンス機関です。

支店数: プノンペンはじめカンボジア主要都市に 21 支店
職員数: 207 名
借り手数:24,088 名
総資産: 約 12.1 百万ドル(2017 年 12 月期:監査前)
貸付総額: 約 10.1 百万ドル(同上)

(金融・リース・レンタルのM&A)

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。