HOME

>

M&A業界動向

>

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

UCCフードサービスシステムズの珈琲館事業継承会社をロングリーチグループが買収

掲載日:2018年03月09日

独立系投資会社ロングリーチグループ(以下、「ロングリーチ」)は、ユーシーシーフードサービスシステムズ(本社:東京都港区、代表:代表取締役社長 上島成介、以下「UFS」)との間で、UFS が保有する珈琲館事業の譲受につき合意したと発表した。

珈琲館は、「ゆっくりとくつろぎながら本物の珈琲が 楽しめるコーヒーショップ」として、1970年の創業以来、喫茶店業界を牽引してきた。「珈琲館」、「カフェ・ディ・エスプレッソ珈琲館」、「珈楽庵」、「珈蔵」のブランドにて、全国での総店舗数は277店舗をかぞえ、 フルサービス業態では国内第2位の規模となっている。

ロングリーチは、珈琲館事業が有する業界での高い実績に加え、「高品質のコーヒーを丁寧に提供できるサービス力」等の強みを高く評価しており、また、魅力的な店舗フォーマットの確立と店舗拡大により、更なる成長のポテンシャルがあるものと考えている。

ロングリーチは、これまでウェンディーズ・ジャパン/フ ァーストキッチン等の外食事業、及び大企業カーブアウト案件に対する投資実績、成功事例を有しており、 これらを通じて培った経験を基に、戦略立案・実行ノウハウ等の経営資源を提供するなど、あらゆる面か ら最大限の支援を行うことにより、珈琲館事業の強みや特徴を活かしながら、独立した企業としての珈琲 館事業の成長を加速させるとしている。

(飲食・ホテル・旅館のM&A)

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。