HOME

>

M&A業界動向

>

その他卸・小売業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

その他卸・小売業界のM&Aニュース

酒買取専門店「JOY LAB」等運営の帝国酒販をBEENOS<3328>が買収

掲載日:2018年03月09日

BEENOS(本社:東京都品川区、代表:代表取締役社長 兼 グループCEO 直井聖太)は、国内8店舗の酒類買取専門店「JOY LAB(ジョイラボ)」を運営している帝国酒販(本社:大阪市中央区、代表:代表取締役)の全株式を取得し、2018年3月1日に完全子会社化したと発表した。今後は、Eコマース事業・バリューサイクル部門の一環として、国内外における酒類のインターネット販売を強化する。

BEENOSグループは、「日本と世界を繋ぐプラットフォームの創造」をミッションに掲げており、中核事業であるEコマース事業・クロスボーダー部門では、インターネットで日本の商品を世界中のお客様にお届けする「転送コム」と「Buyee」、海外の商品を日本のお客様にお届けする「セカイモン」を運営し、グローバルなEコマースを展開している。また、バリューサイクル部門においては、ブランド品の宅配買取サービス「ブランディア」を運営しており、現在取扱ブランドは7,000以上、出品商品数は常時55万点以上となっている。

一方で、帝国酒販は国内8店舗(東京2店舗、大阪3店舗、神奈川、愛知、福岡)の酒類買取専門店「JOY LAB」で日本酒、焼酎、ワイン、シャンパン、ブランデー、ウイスキーなどの酒類を買取り、自社ECサイトや国内大手ECモールで販売している。また、日本最大級のインターネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」のストアの中から、売上高やお客様からの評価などのデータをもとに、その年の人気のストアに贈られる「ヤフオク!ベストストアアワード」の食品、飲料部門で4年連続ベストストア(1位)を受賞するなど堅調に売上を拡大させている。

今回、帝国酒販がBEENOSの子会社になることで、帝国酒販の酒類の仕入れ力と当社のクロスボーダー部門の海外販売ノウハウやバリューサイクル部門のオペレーション構築力を掛け合わせ、酒類のインターネット販売を強化してまいります。特に、クロスボーダー部門の「転送コム」・「Buyee」との連携により、海外への販売拡大を目指すとしている。

(その他卸・小売のM&A)

その他卸・小売業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。