HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

ソフトバンク、ヤフー子会社でクラウド事業の2社を買収

掲載日:2018年03月22日

ソフトバンク(本社:東京都港区、代表:代表取締役会長 孫 正義)は、このたびヤフー(本社:東京都千代田区、代表:代表取締役社長 宮坂 学)の100%子会社であるIDCフロンティア(本社:東京都千代田区、代表:代表取締役社長 志立 正嗣)およびファーストサーバ(本社:大阪市中央区、代表:代表取締役社長 村竹 昌人)の全株式を、ヤフーから取得すると発表した。

ソフトバンクは、通信事業者ならではの高付加価値を備えたデータセンターを基盤として、高信頼かつ高性能を実現するキャリアグレードの企業向けクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE(アスパイア)」をはじめとするIaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)およびアクセスネットワークやゲートウエイなど、多彩なクラウドサービスを提供している。

IDCフロンティアは、クラウド、ビッグデータ分析、ネットワークセキュリティー、ハウジングなどのITインフラを提供している。国内最大規模を誇る広帯域のバックボーンネットワークと圧倒的な拡張性を持つ最新鋭のデータセンターを首都圏、東日本、西日本で展開している。

ファーストサーバは、クラウドベースのホスティングサービス「Zenlogic(ゼンロジック)」を開発し、主にIT専門部門やIT担当者を持たない中小企業のお客さまに、従来のレンタルサーバーと変わらない手軽さ、使いやすさと料金でクラウドのメリットを享受できるサービスを提供している。

ソフトバンクが両社の株式を取得することにより、ソフトバンク、IDCフロンティアおよびファーストサーバは、各社が有するサービス基盤を最大限に活用して、幅広いニーズにより一層応えるべく、クラウドコンピューティングサービスを充実していくとしている。

【株式会社IDCフロンティア】
会社名:株式会社IDCフロンティア
所在地:東京都千代田区紀尾井町1番3号
代表者の役職・氏名:代表取締役社長 志立 正嗣
事業内容:クラウド事業、データセンター事業
資本金:100百万円
設立年月日:2009年2月2日
大株主および持株比率:ヤフー株式会社 100%
株式取得予定日:2018年5月1日

【ファーストサーバ株式会社】
会社名:ファーストサーバ株式会社
所在地:大阪市中央区安土町1丁目8番15号
代表者の役職・氏名:代表取締役社長 村竹 昌人
事業内容:レンタルサーバー、ドメイン名登録サービス、クラウドサービス
資本金:100百万円
設立年月日:1996年10月11日
大株主および持株比率:ヤフー株式会社 100%
株式取得予定日:2018年3月30日

(IT・情報通信のM&A)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。