HOME

>

M&A業界動向

>

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

富士フイルム、JXTGホールディングスグループの細胞培養培地事業2社を買収

掲載日:2018年04月02日

富士フイルム(本社:東京都港区、代表:代表取締役会長・CEO古森重隆)は、JXTGホールディングス(本社:東京都千代田区、代表:代表取締役社長 内田 幸雄、以下「JXTG HD」)のグループ会社で、細胞培養に必要な培地のリーディングカンパニーであるIrvine Scientific Sales Company, Inc.(アーバイン サイエンティフィック セールス カンパニー、以下「ISUS」社)および株式会社アイエスジャパン(以下「ISJ」社)の発行済全株式を取得する株式売買契約を締結したと発表した。ISUS社およびISJ社の全株式取得に要する資金総額は、約800百万米ドル。

培地は、細胞の生育・増殖のための栄養分を含んだ液状や粉末の物質で、バイオ医薬品や再生医療製品などの研究開発や製造における細胞培養に必要不可欠なものです。また、培地の品質によって細胞培養の品質や効率が左右されるといわれており、近年、培地に対する注目がますます高まっている。

ISUS社・ISJ社は、バイオ医薬品製造向けの培地や体外受精・細胞治療用途の培地などを幅広く取り扱う、培地のリーディングカンパニー。高い研究開発力や品質管理力、長年蓄積してきた実績やノウハウなどを活かして、顧客ニーズにあわせた最適なカスタム培地を開発することが可能である。

富士フイルムは、ヘルスケア領域の成長戦略を推進する中、バイオ医薬品の開発・製造受託や再生医療などの分野に積極的に経営資源を投入し、事業拡大を進めている。これまでに、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies(以下、FDB社)における抗体医薬品向けの生産設備増強、世界トップのiPS細胞関連技術・ノウハウを持つCellular Dynamics International, Inc.(以下 CDI社)の完全子会社化を行うとともに、総合試薬メーカーの和光純薬工業(以下、和光純薬)を買収し、培地事業にも参入した。

今回、ISUS社・ISJ社の買収により、バイオ医薬品から体外受精・細胞治療の領域にわたり幅広い製品ラインアップをそろえることができるとともに、海外展開も強化することができる。また、写真フィルムで培った高度な化学合成力・設計力、グループのジャパン・ティッシュ・エンジニリアング(以下、J-TEC社)やCDI社、FDB社が持つ、細胞の作製・培養技術などを活かして、競争力の高い培地の開発を加速させ、培地事業のさらなる成長を図る。

さらに、富士フイルムグループのバイオ医療関連技術・製品と、ISUS社・ISJ社の培地技術・製品などを組み合わせて、培地事業以外でもシナジーを最大化させていきます。具体的なシナジーとしては 、バイオ医薬品の開発・製造受託事業のさらなる拡大、再生医療分野の研究開発の加速、試薬ビジネスのさらなる拡大を見込んでいる。富士フイルムグループは、グループの技術を結集して革新的な製品・サービスを開発・提供するなど、事業を通じた社会課題の解決に積極的に取り組むことで、ヘルスケアの事業成長を加速させ、企業価値のさらなる向上を図る。

【ISUS社の会社概要】
会社名: Irvine Scientific Sales Company, Inc.
所在地: 米国カリフォルニア州 Santa Ana
設立: 1970年
代表者: 佃 幸樹

【ISJ社の会社概要】
会社名: 株式会社アイエスジャパン
所在地: 埼玉県戸田市
設立: 1989年
代表者: 永野 裕一

(医薬品・化学製品製造のM&A)

医薬品・化学製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。