HOME

>

M&A業界動向

>

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

マネックスグループ<8698>、約36億円でコインチェックを買収

掲載日:2018年04月09日

マネックスグループ(本社:東京都港区、代表:代 表 執行役 社 長 CEO 松本 大)は、コインチェック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田 晃一良)の全株式を取得したと発表した。取得価額は、3,600 百万円。2018 年 4 月 16 日 株式取得(予定)。

マネックスグループは、MONEY の Y を一歩進めて X とした「MONEX」という社名が表す通り、一足先の未来における お金(MONEY)との付き合い方をデザインし、個人の投資・経済活動をサポートすることを企業理念として、 オンライン証券業を中心に、最新技術を用いた金融サービスをグローバルに提供してきた。個人とお金の付き合い方を大きく変える可能性がある次世代の技術・プラットフォームとして、ブロックチェーンや仮想通貨を認識しており、昨年 10 月からは、これらの技術を中心に当社グループを飛躍 的に成長させるべく、「第二の創業」を掲げて、仮想通貨交換業への参入準備や仮想通貨研究所の設立など、この分野における取組みを進めてきた。中でも、仮想通貨交換業は「第二の創業」において大きな役割を担う事業であることから、今般、当社は 仮想通貨取引所の先駆者でもあるコインチェックの完全子会社化を決定した。

コインチェックは、2018 年 1 月 26 日の不正アクセスによる仮想通貨 NEM の不正送金に関し、関東財務局 から業務改善命令を受け、経営管理態勢及び内部管理態勢の改善を図っている途上にある。マネックスグループとしては、コインチェックの改善を全面的にバックアップすることにより、安心して利用いただける環境を作っていきたいと考えている。具体的には、マネックスグループがオンライン証券業界で創業以来培ってきた経営管理や システムリスク管理のノウハウや人材および、顧客資産保護の体制を最大限活用することにより、お客様が 安心して利用することができ、社会的に有用な仮想通貨交換業者として、コインチェックが今後とも持続的に 成長できるようサポートしていく。 さらには、コインチェックが持つブロックチェーン技術や仮想通貨に関する知見と、マネックスグループの金融業 に関する知見を融合することで、「第二の創業」を加速させ、仮想通貨業界の健全な発展にも貢献することを 通じて、未来の金融の在り方をデザインし、新たな価値を提供するという両社に共通するビジョンを発展させるとしている。

【コインチェックの概要(2018 年 3 月 31 日現在)】
名称: コインチェック株式会社
所在地: 東京都渋谷区渋谷三丁目 28 番 13 号
代表者の役職・氏名: 代表取締役社長 和田 晃一良
事業内容: 仮想通貨交換業
資本金: 100 百万円
設立年月日: 2012 年 8 月 28 日

(金融・リース・レンタルのM&A)

金融・リース・レンタル業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。