HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

キッツ<6498>、韓国の工業用バタフライバルブ製造販売会社を買収

掲載日:2018年04月11日

バルブメーカーのキッツ(本社:千葉県千葉市、本社:代表取締役社長 堀田康之)は、韓国のバルブメーカーCephas Pipelines Corp.(以下「Cephas」)の株式100%を取得すると発表した。

Cephasは、豊富な製品ラインナップを有し、かつ大口径まで生産可能なバタフライバルブに特化したバルブメーカーであり、石油化学分野をはじめ、発電所、石油精製、海水淡水化設備及び船舶などで使用される工業用バタフライバルブに強みを有している。

近年はプラントの大規模化に伴い、使用される配管の口径が大きくなる傾向にあり、大口径に適したバタフライバルブが求められている。また、バタフライバルブは他の形状のバルブに比べ、配管設置の寸法を小さくすることができる特徴があり、様々なプラントなどでの採用が拡大している。

Cephasは、自社での技術開発により、バタフライバルブメーカーとして屈指の大口径製品の生産体制と、幅広い流体に対応できる製品ラインナップを拡大してきた。
キッツにおいても、バタフライバルブのラインナップ拡充を進めてきたが、今後は両社の強みを活かした生産体制を構築し、さらにキッツのグローバルネットワークにより、バタフライバルブの売上拡大を図っていくとしている。

【Cephas社の概要】
名称: Cephas Pipelines Corp.(シーパス パイプライン)
所在地: 592-2,Hwajeon-dong,Gangseo-gu,Busan,Korea
代表者の氏名: Cho Yeong Duck
事業内容: 工業用バタフライバルブの製造・販売
資本金: 24億5400万ウォン(約2億4500万円)
設立年月日: 1990年7月20日
従業員数: 85名代表取締役社長 堀田康之代表取締役社長 堀田康之

(機械・金属製品製造のM&A)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。