HOME

>

M&A業界動向

>

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

キヤノン<7751>、イスラエルの映像解析ソフトウエア開発会社を買収

掲載日:2018年05月16日

キャノン(本社:東京都大田区、代表:代表取締役会長 CEO御手洗 冨士夫)は、映像要約技術を用いた映像解析ソフトウエアの開発・販売を行うブリーフカム社(社名:BriefCam Ltd.、本社:イスラエル、President and CEO:Trevor Matz)を買収することを決定し、株式等譲渡契約を締結したと発表した。

キヤノンは、2016年度からの新5ヵ年計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズV」において、「戦略的大転換を果たし、新たなる成長に挑戦する」をスローガンに、現行事業の再強化を図る一方、事業構造の転換による成長を目指して、新規事業の強化・拡大に取り組んでいる。なかでも、ネットワークカメラを核としたネットワーク映像ソリューション事業を、今後のキヤノンの成長をけん引する新規事業の一つと捉えている。

このたび、映像解析ソフトウエアのリーディング企業であるブリーフカム社を新たにグループに迎え入れることで、ネットワークカメラ、映像管理ソフトウエア、映像解析ソフトウエアの各分野のさまざまな最先端技術やソリューションを提供することが可能となる。キヤノンは今後も、ネットワーク映像ソリューションにおけるグローバルリーダーを目指し、事業を強化していく。

なお、今回の買収が完了した後も、ブリーフカム社は現在の経営陣によるリーダーシップの下、引き続き独自の映像解析ソフトウエアを同社販売網を通じて市場に提供していく。

【ブリーフカム社の概要】
会社名:BriefCam Ltd.
代表者:Trevor Matz (President and CEO)
所在地:イスラエル モディーン
設立年:2007年
事業内容:映像解析ソフトウエアの開発・販売

(機械・金属製品製造のM&A)

機械・金属製品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。