HOME

>

M&A業界動向

>

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

ベクトル<6058>、人事関連クラウドサービス展開のあしたのチームを買収

掲載日:2018年07月23日

ベクトル(本社:東京都港区、代表:代表取締役 西江 肇司)は、人事関連クラウドサービス等を展開しているあしたのチーム(本社:東京都中央区、代表:代表取締役会長 髙橋 恭介) の株式を取得し、子会社化することについて決議したと発表した。

ベクトルグループは、「いいモノを世の中に広め人々を幸せに」という経営理念を掲げ、PRサービスを中核とする事業を展開しこれまで一貫して成長を実現してきた。 また、その成長局面においても、市場環境の変化にいち早く対応しながら継続的にサービスの拡充と強化を推し進め、実効性とコスト効率を両立させながら顧客の「いいモノを世の中に広める」ためのマーケティング戦略を総合的にサポートする「FAST COMPANY」として、顧客が必要とするマーケティングサービスを幅広くワンストップで提供する体制の整備を進めてきた。さらに当社グループは、これらのマーケティング分野のサービスの提供だけでなく、インベストメントベンチャー活動として、ベンチャー企業等への出資などにも取り組み、顧客であり出資先でもある企業の成長と成功を多角的にサポートしてきた。このようにベクトルグループは、従来のPRサービスにとどまらない幅広いマーケティングサービスだけでなく出資等による資本面での支援も行うことで、顧客企業の成長や成功に直結する幅広いサポートを提供するものであります。

一方、あしたのチームは、企業の人事評価制度の導入や運用の支援事業を中心とする人事関連クラウドサービスを展開し、創業者であり同社の代表取締役会長である高橋恭介氏のリーダーシップのもとで順調に事業を成長させ、その事業分野においてはすでに主導的な地位を確保している。また、政府が強力に推進する「働き方改革」に関連 して人事関連クラウドサービスに対する企業等の需要はますます高まっていくことが見込まれ るなかで、あしたのチームは、2018 年 3 月までにすべての都道府県での営業拠点の設置を完了し、海外(台湾、シンガポール、上海、香港)においても現地法人を設立し、市場環境および事業体制の両面において飛躍的な成長が期待される。

ベクトルグループとしても、あしたのチームに対して、これまでにPRコンサルティングサービスのほかアドテクノロジーによる動画広告サービスやタレントキャスティング等のサービスだけでなく、2015 年には出資を行うなど同社の成長を加速させる幅広いサポートをしてきたが、このたび、あしたのチームを子会社化することにより、同社の新たな段階の成長を実現するとともに、それによってベクトルグループとしての価値向上も達成することができる見込み。ベクトルはこれまで、顧客に提供するサービスの強化と拡充を主な目的として M&A を含むグループの強化に取り組んでまいりましたが、今後は、あわせてグループの成長を加速する出資先の子会社化という選択肢も前向きに検討を進め、さらなる企業価値の向上を追及する。

【異動する子会社(株式会社あしたのチーム)の概要】
名 称: 株式会社あしたのチーム
所 在 地: 東京都中央区銀座六丁目 10 番1号
代表者の役職・氏名: 代表取締役会長 髙橋 恭介、代表取締役社長 CEO 赤羽 博行
事 業 内 容: 1.企業等の人事評価制度の導入および運用を支援するコンサルティングサービス
および人事評価制度に関するクラウドシステムの販売 ・人事評価クラウド型運用おせっかい「ゼッタイ!評価®」 ・人事評価クラウド「コンピテンシークラウド®」
2.その他人事関連事業
資 本 金: 3 億 3260 万円

(出版・印刷・広告・教育のM&A)

出版・印刷・広告・教育業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。