HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

アライドアーキテクツ<6081>、デリバリーコンサルティングのベトナムのシステム開発子会社を買収

掲載日:2018年07月31日

アライドアーキテクツ(本社:東京都渋谷区、代表:代表取締役社長 中村壮秀)は、ベトナムの開発会社であるDelivery Vietnam Co., Ltd.(以下、デリバリーベトナム社)の出資持分を取得し、子会社化することを決定したと発表した。

アライドアーキテクツは、テクノロジーの力で生活者と企業の最適な関係構築を実現する「ファン・リレーションシッ プ・デザイン・カンパニー」として、生活者と企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援サービスを開発・提供しています。今後も独自性の高いプロダクト開発を推進し、さらなる業容拡大を目指していく中で、優秀なエンジ ニアを継続的に確保していくことは重要な経営課題の一つでありますが、日本国内における一般的な市 況として、近年エンジニアの獲得競争の激化とそれに伴う単価の上昇等により、年々必要な人員の確保が難しい状況となっております。

一方、ベトナムは国家としてエンジニアの育成に積極的であり、勤勉で協調性に富む国民性から、日本の企業風土にも馴染みやすく、2016年3月にオフショア開発の拠点としてベトナム・ハノイ市に子会社「Allied Tech Base Co., Ltd.」を設立し、グループ全体の開発人員の確保と技術力 の強化に取り組んでまいりました。デリバリーベトナム社は、日本企業である株式会社デリバリーコンサルティングの開発子会社として長年開発案件の受託開発を行ってきたことによる豊富な実績と知見を有しております。

今回、出資持分 取得により同社を子会社化することで、同社の抱える人材を確保することに加え、ベトナム・ハノイ市だけでなく、ホーチミン市においても海外の開発拠点を持つことにより、グループ全体でのエンジニア 人材の採用力向上を見込めると考えております。なお、出資持分取得に際し、デリバリーベトナム社の商号を「Allied Tech Camp Co., Ltd.」に変更する予定。

【 異動する子会社(Delivery Vietnam Co., Ltd.)の概要】
名称: Delivery Vietnam Co., Ltd.
所在地: R 609, 6F, E.Town 2 Building, 364Cong Hoa Street, Ward 13, Tan Binh District, HCM City, Vietnam
代表者の役職・氏名: 代表取締役社長 阪口 琢夫
事業内容: システム開発事業
資本金: 170,000 米ドル(約18,791千円)
設立年月日: 平成17年8月
大株主及び持株比率: (平成30年6月30日現在) 株式会社デリバリーコンサルティング 100.00%

【出資持分取得の相手先の概要】
名称: 株式会社デリバリーコンサルティング
所在地: 東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル 5F
代表者の役職・氏名: 代表取締役社長 阪口 琢夫
事業内容: ITコンサルティング事業
資本金: 29,025千円
設立年月日: 平成15年4月10日
大株主及び持株比率: (平成30年6月30日現在) 阪口 琢夫 50.03% 株式会社メディアシーク

(IT・情報通信のM&A)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。