HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

レカム<3323>中国子会社、マスターピース・グループの中国孫会社でBPO事業のMP大連社を買収

掲載日:2018年08月22日

レカム(本社:東京都渋谷区、代表:代表取締役社長 兼 グループCEO 伊藤 秀博)は、レカム連結子会社であるレカムビジネスソリューションズ(大連)株式有限公司が、マスターピース・グループ(本社:東京都港区、代表:代表取締役会長兼社長 佐藤 修、以下、「MPG社」)の孫会社である大連傑作商務諮詢有限公司(本社:中華人民共和国大連市、董事長 中島 樹里、以下、「MP大連社」)の持分 100%を取得し、連結子会社(当社の孫会社)とすることを決議いたしましたと発表した。取得価額は、アドバイザリー費用を含め72百万円。

レカムグループは、中小企業のお客様に対して情報通信機器の販売、設置工事、保守、インターネッ トサービスの販売を行う情報通信事業、LED照明などの環境関連商材の販売や電力の小売りを行う環境関連事業、BPO(顧客の業務プロセスの一部を受託する)事業、海外法人事業(海外拠点における環境関連事業やOA機器の販売等)を行っている。

レカム大連社は、平成 17 年に設立以降、バックオフィス系業務を中心にBPO事業を営んでおり、現在では当社グループにおけるBPO事業の中核会社であり、中国国内の海外法人事業も展開している。また、同社は平成 30 年 7 月に中国新三板市場への株式上場が承認されている。

MPG社は、MP大連社を平成 14 年に大連市政府の協力を得て日系企業初のオフショアコールセンターとして設立して以降、現在は、中国国内向けのコールセンターサービスで最大手の一角を占めるほか、ASEAN諸国、コロンビアなどで世界の主要言語をカバーする多言語対応コールセンターの展開や、中国で日本語・中国語のオフショアデータ入力業務、ネット監視サービス業務、人事・経理業務のBPOサービスなどを運営している。中でもMP大連社におきましては設立時より大連総 合中等専業学校と提携して日系企業向けにデータエントリーサービス展開しており、顧客には大手家 電メーカーや文具メーカーなど 20 数社を有している。

当社とMPG社ではBPO事業についての協議を重ね、この度、レカム大連社がMP大連 社の持分の全てを取得することで合意に至った。MPG社としましては、グローバルなコールセ ンター業務に経営資源を集中することで事業拡大に取り組み、MP大連社が行うBPO業務をレカム 大連社の下で行ったほうが顧客満足度の向上に繋がるとの判断がある。レカムとては、BP O業務の拡大を図ることができ、企業価値の向上に繋がるものと考えている。また、MP大連社 が中国国内企業からのBPO業務も受託していることから、レカム大連社が計画している中国国内市場向けビジネスの足掛かりになる。 なお、レカムグループとMPG社では、両社BPO事業についての戦略的事業パートナーとして今後も協業を行っていくことにも合意しており、MPG社顧客のバックオフィス系の業務案件を当社グループへ紹介し、当社グループ顧客のコールセンター業務案件をMPG社へ紹介する等の営業協力などを実施する予定。

【異動する子会社の概要】
名 称: 大連傑作商務諮詢有限公司
所在地: 中華人民共和国遼寧省大連市甘井子区張前路 76 号
代表者の役職・氏名: 董事長 中島 樹里
事業内容: BPO事業
資本金: 468 万元(約 7,572 万円)
設立年月日: 平成 14 年2月2月
大株主及び持株比率: BPO Asia Limited 100%

(IT・情報通信のM&A)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。