HOME

>

M&A業界動向

>

その他卸・小売業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

その他卸・小売業界のM&Aニュース

ピクセルカンパニーズ香港子会社、エストニアの仮想通貨交換業関連ライセンス保有会社を買収

掲載日:2018年10月29日

ピクセルカンパニーズ(本社:東京都港区六本木、代表:吉田 弘明)の連結子会社である海伯力(香港)有限公司(以下「HK 社」)を通じて、エストニア共和国における仮想通貨交換業に関するライセンスを保有する CoinCoin OÜの全ての出資持分を取得することについて決議し、持分譲渡契約を締結したと発表した。

ピクセルカンパニーズグループは、グループのコア事業として位置づけるフィンテック・IoT 事業において、金融機関向けのシステム開発や電子的封印技術を活用した IoT デバイス(スマートタクシーメーター)の開発・製品 化に取組むととともに、仮想通貨関連事業(マイニング事業)及びブロックチェーン技術を用いたシステムの開発受託事業を行っている。

HK 社においては、ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラ クトシステム開発の当社グループ第1号案件として、ブロックチェーンプラットフォームである NEO をベースとした NEVULA トークンの開発を受託し、納品完了しております。 対象会社は、エストニア国内において、仮想通貨関連事業を行うことを目的に設立されており、既に仮 想通貨交換業を行うためのライセンス及び電子的に資産を預かることができるライセンスを取得しており、事業開始に向けた準備を行っている。

ピクセルカンパニーズグループとして、対象会社を子会社化することにより、エストニア国内において仮想通貨交換業に 関連した事業展開を行うことが可能となることから、フィンテック・IoT 事業におけるマイニング事業、ブロックチェーン技術を用いたシステム開発事業等の仮想通貨関連事業の事業領域の拡大に繋がり、フィ ンテック・IoT 事業の事業成長及び事業シナジーに資するものと考えており、中長期的なグループの業績 拡大及び企業価値向上に繋がると想定されることから対象会社の出資持分を取得することとした。
2019 年 12 月期中を目途に対象会社における事業展開や投資計画等の方針等を決定 し、今後の事業開 始を進める予定。

【ピクセルカンパニーズの連結子会社の概要】
商号: 海伯力(香港)有限公司
所在地: Office K,15/F.,MG Tower,No.133 Hoi Bun Road,Kwun Tong,Kowloon,Hong Kong.
代表者: 薫事長 吉田 弘明
事業内容: システム開発事業、コンサルティング事業他
資本金: 10,000 HK$
設立年月: 2007 年 8 月
大株主及び持分比率: ピクセルカンパニーズ株式会社 100%

【異動する子会社の概要】
商号: CoinCoin OÜ
所在地: Harju maakond, Tallinn, Kesklinna linnaosa, Pikk tn 7-17, 10123
代表者: Tsutomu Komori
事業内容: コンサルティング事業
資本金: 2,500.00 EUR
設立年月: 2018 年 2 月
出資者及び出資比率: Tsutomu Komori 100%

(その他卸・小売のM&A)

その他卸・小売業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。