HOME

>

M&A業界動向

>

その他製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

その他製造業界のM&Aニュース

リコー、ドイツの産業印刷向けソフトウェア会社を買収

掲載日:2018年11月14日

リコー(本社:東京都大田区、代表:社長執行役員 山下 良則)は、成長領域の一つとして掲げる産業印刷事業において、カラーマネジメントに強みを持つ、ドイツの産業印刷向けソフトウエア会社である「ColorGATE Digital Output Solutions GmbH」(以下、カラーゲート社)の全株式を取得することについて合意したと発表した。なお、株式取得の完了は、11月30日の予定。

 

カラーゲート社は、20年以上にわたり産業印刷向けソフトウエアの開発、販売を行っており、ヨーロッパを中心に広い顧客基盤を有している会社です。フィルムやタイル、衣料、床材といった特性の異なるさまざまな素材に対する独自のカラーマッチング技術を有しており、今後成長が期待される建材や壁紙などのインテリア装飾市場や、衣料・布地などのテキスタイル印刷市場に対し、他社に先駆けて最適なカラーマネジメントソフトウエアやワークフローソフトウエアを提供している。

 

リコーは、2018年2月に発表した成長戦略「挑戦」において、プリンティング技術の可能性を追求し、顧客基盤を拡大することを掲げている。40年以上にわたり取り組み続けてきたリコーのインクジェット技術は、オフィス印刷向けにとどまらず商用印刷、そして産業印刷など、衣・食・住のさまざまな領域へと展開している。産業印刷事業の強化に向けては、英国の生産拠点Ricoh UK Products Ltd.内に技術開発拠点となる「グローバルIPテクノロジーセンター」(2017年10月設立)と、戦略拠点の「グローバルIPマーケティングセンター」(2018年4月設立)を開設している。産業印刷分野の最先端技術やお客様ニーズが集まる先進市場の欧州で、マーケティング活動を推進するほか、事業戦略の策定、アライアンスパートナーとの製品・事業開発を推進している。

 

今回の全株式の取得は、成長戦略の一環で取り組むもので、戦略的成長投資の一つとなるもの。

 

リコーはカラーゲート社買収により、産業印刷分野のソフトウエア技術力を強化し、自社で開発する産業印刷プリンターと組み合わせることで、前後工程を含めた印刷ワークフロー全体をカバーするトータルソリューションを提供し、インテリア装飾市場やテキスタイル印刷市場のお客様の生産性向上や製品価値向上に貢献することで、事業拡大を図るとしている。

 

【カラーゲート社の概要】
社名:ColorGATE Digital Output Solutions GmbH
設立:1997年
所在地:ドイツ ハノーバー
事業内容:カラーマネジメント、RIP、ワークフローなど各種ソフトウエアの開発、販売
従業員数:約35名

 

(その他製造のM&A)

その他製造業界のM&Aニュース

新着案件情報(譲渡希望)

現在、弊社にて譲渡のご相談を頂いている情報を掲載しています。
秘匿性の観点からホームページへ掲載できる情報に限りはありますが、ご関心のある案件情報がございましたら、お気軽にお問合わせください。
非公開案件も多数ございます。まずは、お問合わせフォームより貴社のご要望をご連絡ください。

No. 譲渡希望業種 売上 本社所在地
17936 住宅・不動産・ビルメンテ 非公開 関東
78582 その他卸・小売 30百万円 関東
76386 食品製造 60百万円 中部
74115 その他サービス 非公開 関西
48141 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 3億円 関東

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。