HOME

>

M&A業界動向

>

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

綿半HD、PC・家電通販サイト「PCボンバー」展開のアベルネットを買収

掲載日:2018年11月26日

綿半ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表:代表取締役社長 野原 勇)は、アベルネット(本社:東京都台東区、代表:代表取締役社長 小山 励基)の株式を取得し、連結子会社化すると発表した。

綿半ホールディングスグループは、「絶え間なき暮らしの変革」をグループミッションにスーパーセンター事業、 建設事業及び貿易事業を営んでおり、スーパーセンター事業は関東甲信地域、愛知県及び岐阜県に 37 店舗のスーパーセンター、ホームセンター及び食品スーパーを展開している。 スーパーセンター事業において、実店舗での販売だけでなくインターネットを活用した通販事業 も展開しており、顧客・マーケットに即した事業展開を積極的に推進しております。現在は更なる顧 客の獲得に向け、取扱商品の拡大に力を入れている。

一方アベルネットは、通販サイト「PCボンバー」のブランドで家電・パソコン等を競争力のある 価格で販売するインターネット通販事業を展開しており、インターネット通販の黎明期より 20 年に わたり蓄積したノウハウを活用し、近年では家電・パソコンにとどまらず、インターネットを通じて 様々な商品を販売している。

両社の長年培った経営資源や強みを相互活用することにより、取扱商品の拡充、仕入機能の共有化、 通信販売のノウハウやシステム基盤の共有が図られる等、お互いのシナジーが期待でき、綿半ホールディングスグルー プの企業価値の向上に資するものと判断し、アベルネットの株式を取得することとした。

綿半ホールディングスは、平成 30 年 12 月3日付けでアベルネットの発行済株式数 660 株のうち、既存株主より 340 株を取得する予定です。また、アベルネットの自己株式処分の引受により 320 株を取得する。これにより、綿半ホールディングスはアベルネットの発行済株式の全てを取得することになり、アベルネットは綿半ホールディングスの連結子会社となる予定となる。

 

【異動する子会社(株式会社アベルネット)の概要】
名 称: 株式会社アベルネット
所在地: 東京都台東区浅草橋3-32-5モリタビル浅草橋3F
代表者の役職・氏名: 代表取締役社長 小山 励基
事業内容: パソコン・周辺機器・デジカメ・家電等の通信販売
資本金: 3,300 万円
設立年月日: 平成 10 年4月 20 日

 

(食品卸・小売(スーパー)のM&A)

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

新着案件情報(譲渡希望)

現在、弊社にて譲渡のご相談を頂いている情報を掲載しています。
秘匿性の観点からホームページへ掲載できる情報に限りはありますが、
ご関心のある案件情報がございましたら、お気軽にお問合わせください。
非公開案件も多数ございます。まずは、お問合わせフォームより貴社のご要望をご連絡ください。

No. 譲渡希望業種 売上 本社所在地
48141 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 3億円 関東
74748 IT・情報通信 50百万円 関東
64913 出版・印刷・広告・教育 4億円 関東
70784 その他卸・小売 1億円 関東
48179 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 1.5億円 関東

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。