HOME

>

M&A業界動向

>

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

トリドールHD、シンガポールでカレー店「MONSTER CURRY」展開のMC GROUPを買収

掲載日:2018年11月30日

トリドールHD(本社:兵庫県神戸市、代表:代表取締役社長 粟田 貴也)は、トリドールHが目標とする 2025 年度 世界 6000 店舗体制を実現するため、シンガポールで人気のカレー業態 “MONSTER CURRY(モンスターカレー)”を展開する現地企業 MC GROUP PTE.LTD.に出資し、新たにトリドールHの グループに加えることを決定したと発表した。

“MONSTER CURRY”は現在、シンガポールで 12 店舗を展開しており、今 後、当社グループの一員として、まずは 2025 年までにシンガポールで 20 店舗展開を目指します。 世界中から人と情報が集まる国際都市シンガポールには、様々な国の食事が集まっています。日本食は特に人 気が高い外食カテゴリーで、その中で日本式カレーは寿司やラーメン、うどんに続くポジションを確立している。日本式カレーだけでもその市場規模は 43 億円あり、今回グループ入りする“MONSTER CURRY”はシンガポールで圧倒的なシェア NO.1 を獲得しています。“MONSTER CURRY”は、しっかり煮込んだルーの濃厚な味わいと、 大皿でシェアできるルーや具材のボリューム感、選べる 5 段階の辛さで人気です。既にシンガポールで人気の同 業態は今後、世界 35 の国と地域で 1500 を超える店舗を運営する当社が店舗運営や新規出店のノウハウを提供し、まずは地元シンガポールでの出店を加速させていく。日本式カレーは他のアジアの国々でも消費者の認 知が高く、また、寿司やラーメンに比べても競合が少ない魅力的なマーケットであり、香港等の中華圏をはじめ、東南アジア諸国への進出も検討する。

世界に通用する外食企業となることを目指す当社グループは、今後も引き続き、世界の外食市場で積極的な投 資を継続し、世界を舞台に 6000 店舗体制の実現を目指すとしている。

 

【新グループ会社概要】
会 社 名 : MC GROUP PTE. LTD
代 表 者 : NG HUNG TAT RAYMOND
所 在 地 : SPORE BUSINESS FEDEDARATION CTR , SINGAPORE
設 立 年 : 2014 年 6 月
業務内 容 : 外食店舗の企画・
運営 業 態 : 日本式カレーチェーン “MONSTER CURRY”

 

(飲食・ホテル・旅館のM&A)

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

新着案件情報(譲渡希望)

現在、弊社にて譲渡のご相談を頂いている情報を掲載しています。
秘匿性の観点からホームページへ掲載できる情報に限りはありますが、
ご関心のある案件情報がございましたら、お気軽にお問合わせください。
非公開案件も多数ございます。まずは、お問合わせフォームより貴社のご要望をご連絡ください。

No. 譲渡希望業種 売上 本社所在地
48141 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 3億円 関東
74748 IT・情報通信 50百万円 関東
64913 出版・印刷・広告・教育 4億円 関東
70784 その他卸・小売 1億円 関東
48179 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 1.5億円 関東

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。