>

>

中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A業界動向・ニュース

M&A

その他卸・小売業界のM&Aニュース

メディカルシステムネットワーク、大分県の永冨調剤薬局を買収

掲載日:2018年12月11日

メディカルシステムネットワーク(本社:札幌市中央区、代表:代表取締役社長 田尻 稲雄)は、永冨調剤薬局(本社:大分県大分市、代表: 取締役社長 永冨茂)の全株式を取得し、連結子会社とすることを決議した。

メディカルシステムネットワークグループは、企業理念として「良質な医療インフラの構築を通じて地域住民のQOL(Quality of Life)向上に貢献すること」を掲げ、医薬品等ネットワーク事業(医薬品卸と調剤薬局・病医院との 間の医薬品オンライン受発注及び関連業務のアウトソーシング)と調剤薬局事業の2事業を中核事業と して展開しており、2018 年 12 月3日現在、当社及び連結子会社 14 社より構成されている。また、 医薬品ネットワーク加盟件数は3,426件に拡大し、当社グループが運営する調剤薬局は406店舗となっている。

調剤薬局事業においては、地域の心の拠り所となる「まちの灯り」を理念に掲げ、食や運動など様々 な取り組みを通じて地域の皆様の健康をトータルでサポートする「地域薬局」として、地域医療におけ る課題解決に主体的に取り組み、かかりつけ機能を発揮することに努めている。また、より多くの 皆様へサービスを提供するべく新規出店及びM&Aによる調剤薬局店舗網のドミナント化を推進している。

永冨調剤薬局は、「永冨調剤薬局は職員と地域の皆様に笑顔と健康を提供します」を基本理念 とし、大分県内に調剤薬局 23 店舗を展開、うち3店舗が健康サポート薬局に認定されている。また、同社は独自に「ヘルさぽ(ヘルスサポート)」のシンボルを掲げ、地域住民の健康づくりを支援するなど、 1982 年の設立以来、永きにわたり地域住民のQOL向上に貢献している。メディカルシステムネットワークは、地域に根ざした薬局運営に定評のある株式会社永冨調剤薬局を迎え入れることにより、同社 が注力している運動や食など健康に関するイベント等の地域活動や、地域に密着した広報活動のノウハウ等を共有し、より質の高い地域薬局(かかりつけ薬局)づくりができると考えております。また当社 がドミナント化の重点地域として取り組む九州エリアにおいて、既に展開する店舗網と合わせ一層の店 舗拡充を図ることで、効率的な経営体制の構築と収益力の強化を実現させる。

 

【異動する子会社の概要】
名 称: 株式会社永冨調剤薬局
所在地: 大分県大分市下郡北一丁目4番 45 号
代表者: 代表取締役社長 永冨 茂
事業内容: 保険調剤薬局の経営
資本金: 30 百万円
設 立: 1982 年 10 月1日

 

(その他卸・小売のM&A)

その他卸・小売業界のM&Aニュース

新着案件情報(譲渡希望)

まずは譲渡先の案件をご覧いただき、貴社の買収ニーズに合致する譲渡案件が出てまいりましたら、
企業名が特定されない範囲での匿名情報(ノンネームシート)にて案件をご紹介いたします。
No. 譲渡希望業種 売上 本社所在地
19844 出版・印刷・広告・教育 6億円 関東
40790 飲食・ホテル・旅館 4億円 関東
78720 その他卸・小売 10億円 関東
54145 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 1億5000万円 関東
71134 医薬品卸・小売(調剤・ドラッグストア) 5億円 九州(沖縄を含む)

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

M&Aのセミナーにご興味のある方

セミナー参加を
ご希望の方

M&Aに関する無料相談をご希望の方

無料相談を
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。