【M&A仲介のコーポレート・アドバイザーズ】HOME

>

M&Aセミナー
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

M&Aセミナー

  • 2017年 3月29日(水)|4月13日(木) 8:30-9:50 / 16:30-17:50

    IT・ソフトウェア開発会社のM&A事例から学ぶ「譲渡価格と相手先の決め方」

    IT・ソフトウェア業界では、2011年以降、5年連続でM&Aの成約件数が増加しています。特に、オーナー企業では、うまく世代交代を行い、発展し続けるための経営戦略としてのM&Aの活用が進んでいます。
    本セミナーでは、事例をもとに、IT・ソフトウエア業界でのM&A支援実績豊富なアドバイザーが、以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 業績好調のため、今よりも1~2年後に譲渡したほうが価値は高くなる?
     ☑ M&Aの相手先は何を基準に決めればよいのか?
     ☑ いつ決断するのが“最良のタイミング”なのか?

  • 2017年 3月28日 (火) |6月7日(水)15:00-17:10

    IFRSとM&Aに詳しい会計士が解説 M&Aのための失敗しないIFRS活用術

    日本でのIFRS強制適用は見送られたものの、2016年7月時点でIFRS適用済み・適用予定公表会社は合わせて141社、検討会社は233社にのぼっています(東京証券取引所「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析より)。
    IFRSを任意適用している会社を分析すると、「国際的に活動している企業」という特徴のほかに、M&Aに積極的である、巨額ののれんを抱えている、という特徴を持つ会社が目立つように見受けられます。
    そこで、M&AにあたってIFRSの導入はどのように役立つのか?IFRSを導入することでDD等のM&Aの実務がどのように変わってくるのか?を解説いたします。

  • 2017年 2月 9日(木) 8:30-9:50 / 16:30-17:50

    食品卸・商社のM&A事例から学ぶ「譲渡価格と相手先の決め方」

    食料品卸売業の年間販売額は、1991年の109兆円をピークとして、その後は年平均1.8%ずつ減少、2014年には72兆円となっています(総務省統計より)。今後も国内市場縮小が続くなか、業界内では“大手主導の再編”が進んでいます。
    中小の食品卸・商社においては“うまく世代交代を行い発展し続けるための経営戦略”として、同業同士のみならず、異業種とのM&A事例も見受けられます。本セミナーでは、食品卸・商社におけるM&A事例をもとに以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 業績好調のため、今よりも1~2年後に譲渡したほうが価格は高くなる?
     ☑ M&Aの相手先は何を基準に決めればよいのか?
     ☑ いつ決断するのが最良のタイミングなのか?

  • 2017年1月26日(木) 16:30-17:50

    建築・設備工事会社のM&A事例から学ぶ
    「譲渡価格と相手先の決め方」

    近年、後継者問題に悩む企業が増えるなか、M&Aを活用して事業継承を行いたい、という企業が増えています。M&Aを検討する際には、“いくらで譲渡するか” “誰に譲渡するか” “決断のタイミング” がとても重要となります。
    本セミナーでは、事例をもとに、建築・設備工事業界でのM&A支援実績豊富なアドバイザーが、以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 業績好調のため、今よりも1~2年後に譲渡したほうが価格は高くなる?
     ☑ M&Aの相手先は何を基準に決めればよいのか?
     ☑ いつ決断するのが“最良のタイミング”なのか?

  • 2017年1月24日(火) 8:30-9:50 / 16:30-17:50

    IT・ソフトウェア開発会社のM&A事例から学ぶ
    「譲渡価格と相手先の決め方」

    IT・ソフトウェア業界では、2011年以降、5年連続でM&Aの成約件数が増加しています。特に、オーナー企業では、うまく世代交代を行い、発展し続けるための経営戦略としてのM&Aの活用が進んでいます。
    本セミナーでは、事例をもとに、IT・ソフトウエア業界でのM&A支援実績豊富なアドバイザーが、以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 業績好調のため、今よりも1~2年後に譲渡したほうが価値は高くなる?
     ☑ M&Aの相手先は何を基準に決めればよいのか?
     ☑ いつ決断するのが“最良のタイミング”なのか?

  • 2016年12月2日(金) 8:30-9:50 / 16:30-17:50

    食品卸・商社のM&A事例から学ぶ「譲渡価格と相手先の決め方」

    食料品卸売業の年間販売額は、1991年の109兆円をピークとして、その後は年平均1.8%ずつ減少、2014年には72兆円となっています(総務省統計より)。今後も国内市場縮小が続くなか、業界内では“大手主導の再編”が進んでいます。
    中小の食品卸・商社においては“うまく世代交代を行い発展し続けるための経営戦略”として、同業同士のみならず、異業種とのM&A事例も見受けられます。本セミナーでは、食品卸・商社におけるM&A事例をもとに以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 業績好調のため、今よりも1~2年後に譲渡したほうが価格は高くなる?
     ☑ M&Aの相手先は何を基準に決めればよいのか?
     ☑ いつ決断するのが最良のタイミングなのか?

  • 2016年11月24日(木) 16:00-17:40

    創業オーナーの体験談から学ぶ『最良の相手とのM&A』

    近年、後継者問題に悩む企業が増えるなか、M&Aを活用して事業承継を行いたいという企業も増えています。M&Aを成功に導くポイントの一つは、社風や経営理念を理解してくれる『最良の相手』を見つけることです。
    本セミナーでは、実際に『最良の相手』とのM&Aに成功した創業オーナーより、検討から成約に至るまでの体験談をお話しいただきます。

  • 2016年11月18日(金) 15:00-17:30

    建築・設備業界 経営者様向けセミナー

    事業拡大、収益力の維持・向上を目的として「同業者とのM&A」を検討する企業が増えています。また、内装業者や大手小売・飲食チェーンが、専門工事業者との連携を強める動きが活発化しています。本セミナーでは、業界を長年の間俯瞰してこられた企業経営者をお招きし、業界の現状と今後の見通しをお話しいただきます。また、実際にM&Aを成功させた某上場企業のM&A責任者をお招きし、実体験をお話しいただきます。

  • 2016年10月13日(木) 8:30-9:50 / 16:30-17:50

    食品卸・商社のM&A事例から学ぶ
    「譲渡価格と相手先の決め方」

    食料品卸売業の年間販売額は、1991年の109兆円をピークとして、その後は年平均1.8%ずつ減少、2014年には72兆円となっています(総務省統計より)。今後も国内市場縮小が続くなか、業界内では“大手主導の再編”が進んでいます。
    中小の食品卸・商社においては“うまく世代交代を行い発展し続けるための経営戦略”として、同業同士のみならず、異業種とのM&A事例も見受けられます。本セミナーでは、食品卸・商社におけるM&A事例をもとに以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 業績好調のため、今よりも1~2年後に譲渡したほうが価格は高くなる?
     ☑ M&Aの相手先は何を基準に決めればよいのか?
     ☑ いつ決断するのが最良のタイミングなのか?

  • 2016年10月6日(木) 8:30-9:50 / 16:30-17:50

    IT・ソフトウェア開発会社のM&A事例から学ぶ
    「譲渡価格のトレンドと最良のタイミング」

    IT・ソフトウェア業界では、2011年以降、5年連続でM&Aの成約件数が増加しています。特に、オーナー企業では、うまく世代交代を行い、発展し続けるための経営戦略としてのM&Aの活用が進んでいます。
    本セミナーでは、事例をもとに、IT・ソフトウエア業界でのM&A支援実績豊富なアドバイザーが、以下のような疑問にお答えいたします。

     ☑ M&Aの取引価格はどのように決まるのか?
     ☑ 譲渡を検討しているが、業績が好調のため、1~2年後の方が価値は高くなる?
     ☑ 最近、ある企業から買収提案(価格提示)を受けたが、進めるべきなのか?
     ☑ いつ決断するのが“最良のタイミング”なのか?

買収のニーズを登録(無料) M&A案件情報メールマガジン(無料)

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。