基本合意

譲受企業が譲渡企業の情報を受け取ると、両社の事業に相乗効果があるかどうか等のビジネス上の検討と財務的な検討を進めます。M&Aをするに値する企業であると判断すると、譲渡価格や譲受のスキーム等の諸条件の交渉に入ります。両社で概ねの合意に達すると、合意事項を明確にする為に『基本合意契約』を締結します。(基本合意書を締結しないで、意向表明書等で代用するケースもあります。)
基本合意には、法的拘束力を持たせないのが通常ですので、M&Aが成約した事を意味するものではありません。譲渡価格、スキーム、スケジュール等の骨子を予め両社で合意しておくことで、主要条件の相違を要因に最終契約にいたらないリスクを回避しながら、その後の両社の交渉をスムーズに進めていく事に基本合意締結の意義があります。