株主間契約

複数の株主が存在するM&Aでは一般的に株式譲渡契約と平行して準備される契約書。各株主が契約当事者となり締結される。株式譲渡に至る交渉での合意事項など、クロージング後から有効となる株主間での取り決めを契約として文書化したものである。