簿外債務

簿外債務とは、貸借対照表には計上されていない債務のことをいう。
この簿外債務には大きく分けて2種類ある。1つ目は、将来において一定の条件が成立した場合に発生する可能性のある、偶発債務である。もう一方は、企業の業績を良好に見せかけるために、意図的に記載されない債務である。
中小企業では税務会計で決算書が作成されているため、賞与引当金や退職給付引当金が簿外債務となっている場合が通常である。