純資産法

純資産法とは、資産と負債の差額である純資産をもって株価を計算する方法のこと。
有価証券や土地などで大きな含み損益が認められるものについて時価の取り込みを行います。