逆取得

吸収合併などの企業結合において、存続会社など株式を交付した企業が取得企業とならない場合を指す。