選択と集中

選択と集中とは、多角化が進展している企業において自社の得意な事業領域(コア事業)を明確にし、経営資源を集中的に投下する戦略のこと。
ノンコア事業に位置づけられた場合、売却などの検討もされる。ただし、過度な集中は、自社が製品やサービスを提供する範囲を限定してしまう恐れもあり、その評価はまだ定まっていない。