100%減資

100%減資とは、発行済株式の全て(100%)を会社が買い取り、消却する方法です。発行済株式の全てを無償減資することで、会社の資本金をゼロにしてしまうことを指します。ただし、一般的には、債務超過の解消のために用いられることが多く、減資をした後で、再度出資者を募集します。
100%減資は、新株発行(第三者割当増資)とセットで行われることになるのが一般的ですので、この場合、資本金がゼロになるのは極めて瞬間的な現象のことです。
また、100%減資は旧株式を無価値とし、既存株主を強制的に退出させることになるため、既存株主の出資責任を問う手段としての意義もあります。そして、減資後は新株の引受人(スポンサー)が経営権を掌握して、当該企の再生に当たることになります。