5%ルール

上場している企業の発行済み株式総数の5%を超えて保有した場合、その保有者は、保有することになった日から5営業日以内に、内閣総理大臣に「大量保有報告書」を提出しなくてはならないという制度(証取法27条の23第1項)。大量の株式か第三者に買占められたような場合に備え、株式市場の透明性の確保と株式投資家の保護を目的として、1990年の証券取引法改正で導入されました。 さらに、大量保有車は、その後、保有割合が1%以上増加または減少した場合や、報告書の記載事項に変更が生じた場合には、同様に「変更報告書」を提出しなければなりません(証取法27条の25第1項)。このような規制を5%ルールと呼んでいます。