APV法

APV法は、企業価値の算定方法の一つ。事業全体から得られる将来FCF(フリーキャッシュフロー)を現在価値に割引いて事業価値を算出し、それに非事業用資産の価値を加えて事業価値とする方法を指す。
APV法では、資本構成上有利子負債がまったくないと仮定し、事業価値を算出します。次に一部借入れた場合の節税効果を算出し、そして両者を合計し、非事業用資産の価値を加えて企業価値を算出します。一般的なDCF法による事業価値をAPV法による事業価値と一致させるには資本構成とWACCを期毎に設定すればよい。
APV法はLBOや破綻企業など負債が大きく動く企業、資本構成が大きくかわる企業の価値評価に適します。