中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

お知らせ

【セミナーレポート】事例で学ぶ、買い手が押さえておくべきM&A最新トピックス- 第1部(戦略):M&A成功のポイント

依然として売り手市場が続くM&A。その中で選ばれる買い手の共通項とは?
戦略・交渉・スキーム・税務・労務・財務会計の6つの視点から各専門家が事例に基づき解説を行う、好評開催中の「M&A成功確率向上セミナー」。内容を刷新しスタートした2020年のシリーズのレポートを複数回に分けてご紹介いたします。

▼最新のセミナー日程、お申込みはこちら:https://co-ad.jp/seminars/seminar-list

事例で学ぶ、買い手が押さえておくべきM&A最新トピックス
第1部(戦略):M&A成功のポイント

日本クレアス税理士法人
コーポレートアドバイザーズ
グループ代表 中村 亨

M&Aの最近の傾向と成否を決める戦略のポイントについて、具体例を交えて探っていきます。

4つのキーワードに見るM&A最近の傾向

1990年代以降のM&Aは上場企業同士によるものが多く、企業の存続のため、いわゆる「事業承継のツール」としてM&Aが使われてきました。M&Aの啓蒙から普及、促進のフェーズを経て最近のスタイルには変化がみられるようになってきました。

「事業承継型」や「業界再編型」あるいはそれらのミックスが多かったM&Aのスタイルに、新しく「成長戦略型」というスタイルが最近の4~5年で見られるようになってきたのです。

成長戦略型とは、成長余力がある会社がさらに成長をするためにあえて大手企業の傘下に入ることであり、スタートアップ企業が大手企業の傘下にイグジットすることが典型的な例です。これは、パートナー選びという感覚で買い手企業を探すスタイルであり、日本企業もアメリカに近づいてきたと思います。

アメリカではIPO以上に「良い相手に自分の会社を売る」ことの方が一種のステイタスになっています。日本でも、「成長戦略型」M&Aの台頭とともに、会社の売却は良い相手であれば名誉なことだという認識が広まってきており、今までは売りにでなかった会社が売りに出るようになってきました。つまり買い手にとってはチャンスの時代になってきたのです。

M&Aの最近の傾向については、以下4つのキーワードを元に企業の事例を挙げながら解説を行いました。
①M&Aスタイルの多様化
②新しいスタイル「成長戦略型」
③オーナーエグジットの若年齢化
④投資ファンドという存在


M&A成功のポイント

新しいスタイル・若年齢化・投資ファンドといった最近のM&Aの傾向を見ても分かるように、「買い手として選んでもらえること」が重要になってきました。あらためて言えることは、M&Aは戦略が重要、ということです。

セミナーではM&Aが成功するポイントを以下6つに分けて詳しく解説いたしました。
どのように買うか?(紹介型・どういう会社を買うべきかから入る「仕掛け型」)
どんな会社を買うか?(開発・浸透・多角化・開拓のマトリックス)
価格をどう考えるか?見落としがちなコスト
シナジー効果を出すためには?PMIの重要性
どう経営するのか?PMIの留意点
「買い手で失敗しないコツ」

セミナーで紹介した調査結果から導き出されることは、「シナジーを明確にし、PMI(Post Merger Integration)の検討を早めに始めることが重要」であるということです。

セミナーの最後には、DDとPMIの関係性についても解説を行いました。

DD(買収調査)とPMI(M&A成立後の統合プロセス)

シナジー効果を出すための「時間」と「投入コスト」が把握できるなどのメリットがあるため、DDはPMIの起点と考え、PMIチームは必ずDDに参加した方が良いと考えます。

DDは実は法的根拠がないため強制的に行えませんが、逆を返すと「決まりがない」ために買い手が好きなようにコーディネイトすることが出来る、と言えます。

加えて、「スコープ(範囲)」という重要な留意点があります。
買うかどうかの判断に使う・買った後のPMIに役立てるという二つの狙いを叶えるためには財務DDだけでは足りず、税務・人事・労務といった複数のスコープを持ち行うことが必要です。

1部では財務DDと人事労務DDに関する重要な視点の概要を紹介しました。
セミナーの4部以降ではそれぞれのスコープに焦点を当て、解説を行いました。

ファインディングから統合業務までワンスポットでサポート

当社はM&A、税理士法人、社会保険労務士法人、アカウンティング等複数の企業からなる総合会計事務所である強みを活かし、M&Aの一連の業務をワンストップでサポートしています。

DDを行ったチームがそのままPMIを行うケースが多く、人事労務顧問・会計アウトソーシング・税務申告と一気通貫でサポートすることができますし、ファインディングのみといった一部のサービスのみの支援も可能です。
事業承継や譲渡、買収のご相談や非公開案件のお問合せなど、お気軽にご相談ください。

 


「事例で学ぶ、買い手が押さえておくべきM&A最新トピックス」第1部(戦略)M&A成功のポイントのセミナーレポートは以上です。

セミナーの終了後には、参加者の皆様に各専門家との個別相談を設けております。直接対話を持っていただくことで、貴社独自の課題の洗い出しができ、不安もその場で解消できるなど、早期解決に向けてお手伝いさせていただいております。

本セミナーはM&Aをご検討中の企業経営者またはご担当者向けに開催をしております。最新の日程は以下のページでご紹介しています。ご興味のある方はぜひご参加ください。

▼最新のセミナー日程、お申込みはこちら:https://co-ad.jp/seminars/seminar-list

 

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

M&Aのセミナーにご興味のある方

セミナー参加を
ご希望の方

M&Aに関する無料相談をご希望の方

無料相談を
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。