中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

企業価値シミュレーション(無料)

納得のいく価格で譲渡するには「M&Aの相場」と「自社の価値」の把握が第一歩
 企業価値シミュレーション(無料)

納得のいく価格で譲渡するには「M&Aの相場」と「自社の価値」の把握が第一歩

自社の業界・業種のM&Aでの価格相場や自社株式価値を適切に把握している経営者は少ないです。
真の価値を知らないと、経営判断を誤ったり、不利な条件交渉を進めてしまうことがあります。
納得感のある価格・条件で事業承継・M&Aを実施するためには、企業価値の把握が第一歩です。

20年で2000件以上のM&A支援実績を持つコーポレート・アドバイザーズの企業価値シミュレーション(無料)をぜひご利用ください。

M&Aの相場と自社の価値がわかる

このような経営者の方はぜひご活用下さい

M&Aの相場と自社の価値がわかる

後継者不在等の理由で会社売却
を選択肢にしている

M&Aの相場と自社の価値がわかる

将来的な選択肢として自社の
企業価値を知っておきたい

M&Aの相場と自社の価値がわかる

M&Aによる売却価格の目線を
知っておきたい

中堅・中小企業のM&Aの価値算定の方法(事前準備フェーズ)

弊社が実施する企業価値シミュレーション(無料)では、中堅・中小企業のM&Aにおいてよく用いられる以下の2つの計算手法にて算定します。

企業価値算定で用いる方法

  • 時価純資産プラス営業権法:類似業種の上場会社の各種数値と比較し、株式価値を評価する手法
  • EBITDAマルチプル法:算定された時価純資産に一定の営業権を考慮して企業価値を評価する手法

※計算手法についての詳しい説明は以下記事をご参照ください。
会社売却・M&Aの「価格の決め方」と「高く売るためのポイント」をわかりやすく解説

M&Aでの株価は、相続税評価額とは異なります

株価には、様々な考え方が存在します。
例えば、顧問税理士や金融機関から提示される「相続税評価額」は「M&A取引における株価」とは異なります。
一般的に、M&Aで株式を譲渡する場合の価額は、相続税評価額より高くなります。
過去には、相続税評価額の数倍で会社株式を譲渡したケースもありました。

M&Aでは、多くの場合、時価純資産に「のれん(営業権)」が上乗せされます。
「のれん」は会社の無形資産の一種で、「譲渡された会社の時価純資産」と「譲渡価額」との差額のことです。

M&Aでの株価は、相続税評価額とは異なります

M&Aの相場と自社の価値がわかる

企業価値試算を無料で対応します

企業価値シミュレーションの際にお預かりする書類

  • 決算書(税務申告書、勘定科目明細を含みます)過去3期分
  • 事業内容がわかるもの(ホームページ、会社案内など)

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

M&Aのセミナーにご興味のある方

セミナー参加を
ご希望の方

M&Aに関する無料相談をご希望の方

無料相談を
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。