【M&A仲介のコーポレート・アドバイザーズ】HOME

>

サービス内容

>

M&Aとは
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

M&Aとは

M&Aとは

M&Aとは、英語の”Mergers and Acquisitions”(合併と買収)を省略した言葉です。 企業の合併や買収を行うこと、つまり、2つ以上の会社を1つにしたり (合併)、ある会社が他の会社を買ったり(買収)することを意味します(狭義のM&A)。 また、必ずしも、ある会社を丸ごと買収・合併する場合だけでなく、ある会社の株式の一部を買う場合 (資本参加や資本提携など) や、特定の事業だけを買う場合(事業買収など)も、広義ではM&Aの1つとされます。

あらゆる業種において、M&Aが活発化

これまでコーポレート・アドバイザーズM&Aがお手伝いしてきた企業の業種は、建設業、サービス業、設備・ビルメンテナンス業、IT・ソフトウエア開発業など多岐にわたります。M&Aがあらゆる業種、あらゆる規模感の企業の経営戦略、事業承継戦略として、重要な手段となっています。コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、M&Aのプロフェッショナルがあらゆる業種におけるM&Aに必要な情報・ノウハウを用い、皆様のM&Aを成功へ導いています。

M&Aで解決する課題とは?

後継者不在を解消したい

現在、経営者の高齢化が進むと同時に事業承継をしたくても後継者がいない、という状況に直面している企業が増えています。この課題の有力な解決策として、M&Aの活用が進んでいます。承継先の企業をみつけることに成功すれば、株式を譲渡し、対価を得ることができ、借入金の連帯保証も解消され、そしてこれまで培ってきた大切な会社、従業員を承継先企業に委ねることができるのです。さらに、相乗効果があり、資本力のある承継先企業に経営を任せることができれば、さらなる発展も期待できます。

さらなる企業成長を目指したい

成長過程にある企業の中には、新しいビジネスのアイデアはたくさんあるが、自社単独では経営資源が足りない、ようやく軌道に乗り始めた事業をさらに成長させるために、大手企業の資本を受け入れたい、と考える経営者も少なくありません。さらなる企業成長のためには、資金や多様な人材、経営ノウハウが必要です。M&Aによりそれらを手にすることができます。

戦略的に事業再編を図りたい

さらなる企業成長のためには、ノンコアな事業、将来的に成長性が乏しい事業を合理的に整理し、逆に既存事業とシナジーのある事業などに投資を集中させていく必要があります。M&Aを活用すると、このような経営課題を解決することができます。

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、M&Aのプロフェッショナル集団です。これまでには、数多くのシナジーのある事業、企業同士のマッチングを行ってきました。両者の理想的なマッチングを図り、スピーディかつ的確な手続きでM&Aを進めて、さらなる企業成長のサポートを行います。

M&Aのあと、代表者や従業員はどうなるの?

代表者は変わる?

オーナー経営者が高齢や別の事業に専念したいため、退任を希望する場合、買い手企業から新しい代表者や役員が送り込まれることが一般的です。しかし、会社の譲渡と同時に完全にオーナー経営者が引退してしまうと、経営の引き継ぎがうまくいかないケースが多いため、3か月間~1年程度、代表権のない会長、顧問、相談役、などといった役職で会社にとどまることも多いのが実情です。その場合は、新体制への移行が完了した後に退職となります。

また、会社の譲渡と同時ではなく、段階的にオーナー経営者が退くことで、従業員や取引先も安心して新体制に移行ができます。これにより、会社の譲渡による従業員の退職や、取引先との取引中止を最小限に抑えることができます。オーナー経営者が特殊なノウハウや技術を持っており、会社の譲渡後にもその技術が必要な場合は、技術顧問等として、技術指導を継続することもあります。

さらに、最近増えてきているのが、会社を譲渡した後も、一定期間は代表取締役として、代表権を持ち続けることを前提に、買い手企業から資本を受け入れ、傘下に入るケースです。これにより、買い手企業の経営資源をうまく活用して、会社を加速度的に成長させられる可能性もあります。

借入金の経営者保証や個人資産の担保提供はどうなる?

未上場企業においては、オーナー経営者が会社債務について、経営者保証を入れているケースや、個人資産を担保に提供しているケースが多いです。一般的に、会社譲渡により経営権が移動する場合には、買い手企業の資金力や資金調達力により、借入金を一括返済するか、オーナー経営者の個人保証や個人資産の担保提供は解除されるケースがほとんどです。

従業員の処遇は変わる?

買い手企業は、現状の事業を継続したうえで、既存事業との相乗効果を期待するケースがほとんどです。よって、全員引き継がれ、処遇も当面の間はこれまで通りというケースが一般的です。また、上場企業などが買い手企業となり、グループの一員となることで、これまでできなかった従業員の育成強化や、多様なキャリア開発など、従業員の士気向上につながるケースもあります。

会社名は継続できる?

株式譲渡により、会社を譲渡する場合は、従業員や取引先が混乱しないようにするためにも社名を継続するケースが多いです。ただし、買い手企業のグループ企業であることを示すために、頭にグループ企業名をつけることも多くあります。事業譲渡の場合には、会社名は継続することはできないため、事業部門名に承継元企業のブランド名を付けることがあります。

M&Aで解決する課題

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。