HOME

>

M&Aセミナー

>

M&Aサミット2017 Season2 【開催日:2017.07.11】
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

M&Aサミット

M&Aサミット2017 Season2 【開催日:2017.07.11】


コンセプト

M&Aサミットは「 オーナー企業の経営戦略としてのM&A 」をテーマに変革期に勝ち抜くためのヒントをお届けします。



ご挨拶

弊社は創業15年目の会計事務所グループです。
創業以来、お客様と “ LONG TERM GOOD RELATION ” を築くことをお約束しております。

私たちのミッションの一つに「お客様の成長」が挙げられますが、 昨今の厳しい経営環境のなか、単独での成長・維持が難しいお客様が増えてきています。 そういった背景のなか、会計事務所がM&A機能を持つことで、よりお役にたてるのでは?と思い、 約8年前にM&A支援サービスを開始いたしました。

2015年よりスタートいたしましたM&Aサミットは「 オーナー企業の経営戦略としてのM&A 」 をテーマに年2回開催しています。 ご多忙のことと存じますが、ぜひともご来場いただけましたら幸甚に存じます。

開催概要・タイムテーブル

日時 2017年 7月11日(火)
開催時間 14:00〜16:50
参加費 参加無料・事前予約制
対象 先着150名様
会場 ベルサール八重洲 東京都中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル3F
アクセス方法 「日本橋駅」A7出口直結(東西線・銀座線・浅草線)
「東京駅」八重洲北口 徒歩3分(JR線・丸の内線)


タイムテーブル

基調講演
(14:00-15:30)

「孫正義と松下幸之助に学んだ後継者の条件」

スピーカーソフトバンク株式会社前社長室長/ 多摩大学客員教授 嶋 聡 氏
「60を前にしたら、急に社長を続けたくなった」。後継者候補まで指名していた孫正義社長は60歳を前に、社長続投を宣言し、後継者候補だったニケシュ・アローラ副社長は退任しました。事業承継は、孫社長をしても簡単ではなかったようです。
本講演では、「社長業は職人芸」「若いときから他流試合」「最後は人望」など、松下政経塾二期生として、松下幸之助の薫陶を受け、ソフトバンク社長室長として8年3000日、「孫正義の参謀」と呼ばれた嶋氏に〝後継者の条件“を語っていただきます。
休憩
(15:30-15:40)


プレゼンテーション
(15:40-16:05)

「事業承継・M&A成功のポイント」

スピーカー株式会社コーポレート・アドバイザーズ 代表取締役 中村 亨
M&Aは事業承継・成長戦略の一つとして活用が進んでいます。本講演では、実務面での経験を踏まえ、事業承継・M&Aを成功に導くためのポイントについて買い手、売り手、それぞれの視点からお話しいたします。
トークセッション
(16:05-16:40)

オーナー経営者の体験談から学ぶ「M&Aを決断した理由」

スピーカー元 株式会社住センター 代表取締役社長 草野 博文 氏
インタビュアー株式会社コーポレート・アドバイザーズM&A 企業提携第2部 部長 木下 正康
最近のM&Aの成功事例では、買収を希望する企業の方から、特定の優良企業のオーナー様に対して、積極的にM&Aのアプローチをおこなうケースが非常に多くなっています。
本講演では、弊社を介して上場企業からの友好的なアプローチを受け、最終的に株式譲渡をご決断された元オーナー経営者様に体験談をお話しいただきます。
本日のまとめ
(16:40-16:50)


講師紹介

  • ソフトバンク株式会社前社長室長/ 多摩大学客員教授 嶋 聡 氏

    松下政経塾二期生として松下幸之助塾長に直接教えを受ける。
    1996年から2005年まで衆議院議員。3期連続当選の後、「政から民へのトップランナーになりたい」と孫正義社長を補佐するソフトバンク(株)社長室長に就任。
    以後、2014年までの8年3千日でソフトバンクを売上高1.1兆円から6.7兆円のグローバル企業に飛躍させ「孫正義の参謀」と呼ばれる。2015年6月、孫正義社長が後継者指名をしたのを契機にソフトバンク(株)顧問を退任。
    多摩大学客員教授として松下幸之助、孫正義から学んだ「飛躍の経営戦略」を講義するとともに、全国で講演活動を行っている。

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。