HOME

>

M&A成約実績・事例

>

成約実績
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

成約実績

調剤薬局事業の譲渡【オーナーの株式譲渡】

譲渡企業
所在地 関東
事業内容 調剤薬局店舗の運営
譲渡理由 後継者問題の解決
買収企業
所在地 関東
事業内容 調剤薬局店舗の運営
買収理由 規模の拡大、店舗網の拡充

 

譲渡の理由「後継者問題の解決」

現況については、複数の調剤薬局店舗を運営し、業績好調且つ無借金の安定経営ではあるものの、今後については、業界全体を取り巻く問題である「調剤報酬改定の都度に生じる薬価のマイナス改定のリスク」及び「薬剤師法改定等の影響による慢性的な薬剤師不足」が他社に違わず一層深刻になるとの見通しであり、将来的な先行き不安を鑑みると身内・社内からは後継者候補を擁立し難いという経営課題を抱えていた。 その折、コーポレート・アドバイザーズM&A(以下「当社」)より、全国展開をおこなっている大手企業からの具体的な買収提案を受け、当該企業への譲渡を具体的に検討する運びとなった。その後、当社を仲介役とし、三者間で話し合いを重ねた結果、事業の更なる発展及び将来にわたる従業員の雇用安定を図るためには、大手資本への事業承継が有効的な選択肢であるとの判断となり、現状での勇断に至った。

買収の理由「規模の拡大、店舗網の拡充」

大手企業と言えども、規模の拡大は必須であり、スピードを得るためにはM&A(買収)が重要な経営戦略ではあるものの、完全な売手市場であることから、銀行等からの情報提供を待っているだけでは、有効的なM&A案件を入手できない状態であった。 その折、当社との間で、自社の営業戦略等を強化することができる同業他社を調査し、紳士的に買収提案をおこなう取り組みを実施したことにより、シナジー効果を最大限に発揮できるであろう企業との協議が現実化し、今回の有効的且つ友好的なM&Aが成立した。

担当者のコメント

保険薬局のM&Aは、依然として売手市場とは言われているものの、本年度の診療報酬改定の影響により、買手となる調剤大手チェーンが受ける減算リスクが大きい見通しであることから、今後については、今までのような高いプレミアム(高い株価)を付けて、M&Aを行うことが難しい環境となります。

本件については、半年前に検討を開始し、保険薬局のM&Aを行なう上で、重要となるポイントの対応については相応の時間を費やしたものの、適時に発生する当事者間での諸条件の確認については、極めてスムーズに進行し、早い段階での基本合意に至り、従来どおりの価格水準でのM&Aの実行に至りました。

買収企業とすると、買収した店舗の今後の運営のやり方が課題にはなるものの、店舗網の拡充や薬剤師の確保などのスケールメリットの獲得については、それをも上回るM&Aのメリットとなります。譲渡企業とすると、中小のオーナー企業から脱却し、大手資本のグループに参画することにより、更なる成長と安定確保の機会を得ることとなりました。譲渡企業の株主(売主)とすると、自らが納得した大手資本の優良企業に対して、自身が育てた会社を託すことができたことにより、後継者問題、従業員の更なる雇用安定、創業者利潤の確保などのいくつもの課題を解決することに成功しました。

当社は会計事務所グループであることから、数多くのM&A案件に携わる機会に恵まれており、業種、時流に適した専門的なアドバイスが可能であり、常にそれぞれの経営者の立場でモノゴトを考える必要があるM&Aの仲介業務を得意としていることから、本件についても、両者が納得し、友好的な事業承継が成立したことの一助となれたことに感謝いたします。

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。