HOME

>

M&A業界動向

>

食品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

コカ・コーラウエスト、日本製紙の子会社の四国コカ・コーラボトリングを買収へ

掲載日:2015年04月06日

日本製紙(本社:東京都千代田区)およびコカ・コーラウエスト(本社:福岡県福岡市、以下「CCW」)は、日本製紙の連結子会社である四国コカ・コーラボトリング(本社:香川県高松市)の発行済普通株式全部を日本製紙がCCWに譲渡することについて基本合意した。販売チャネルの変化や競合他社との販売競争が激化するなど、CCWおよび四国コカ・コーラを取り巻く経営環境は厳しさを一層増しており、 CCWは、CCWによる四国コカ・コーラ株式の取得により、西日本地域のコカ・コーラボトリングビジネスを一元的に管理・運営することにより同ビジネスの効率化を図る。

日本製紙は、事業多角化の一環として昭和 38 年に四国飲料株式会社(現 四国コカ・コーラ)を設立し、その後、平成 5 年に大証第二部上場、平成 12 年に東証第一部上場を経て、平成 21 年に完全子会社化した。その間を通じて、経営基盤強化に努めてきたが、競争が激化する飲料市場において、今後も四国コカ・コーラが地域社会とともに持続的に成長・発展していくためには、事業エリアの地域性を考慮し、事業の効率性を向上させていくことが最重要課題であると判断した。 今後は、平成 27 年4月下旬(予定)の最終契約書の締結に向けて日本製紙およびCCWで協議を進める。

(食品製造のM&Aニュース)

食品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。