HOME

>

M&A業界動向

>

食品製造業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品製造業界のM&Aニュース

住友化学<4005>、カット野菜事業を行うダイヤベルツリーフーズを買収

掲載日:2016年07月11日

住友化学(所在地:大阪府大阪市、代表:榎 清春の100%子会社である住化農業資材は、ダイヤベルツリーフーズ(所在地:千葉県成田市、代表:鈴木 正、以下、「DBTF」)の株式を51%取得したと発表した。

DBTF は優良な顧客基盤と、産地での野菜の集荷や加工における高い能力を有し、カッ
ト野菜の事業を着実に拡大している。
一方、住化農業資材は野菜の種子や苗などの開発・生産・販売を行っている。

近年、国内の食生活の変化に伴い、カット野菜などの加工・業務用野菜に対する需要が増加している中、住化農業資材はDBTF の株式取得により、同社の経営資源を活用して、加工・業務用野菜の種苗から農産物加工・販売までの一貫したビジネスモデルの展開を図る。

(食品製造のM&Aニュース)

食品製造業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。