HOME

>

M&A業界動向

>

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

ゼンショー<7550>、群馬のスーパー「フジマート」買収

掲載日:2016年10月19日

ゼンショーホールディングス(本社:東京都港区、代表:代表取締役会長兼社長兼CEO 小川 賢太郎)及び子会社であり食品小売事業を統括する日本リテールホールディングスは、日本リテールホールディングス社がフジタコーポレーション(本社:群馬県太田市、代表取締役社長 藤田 勝好)の株式を取得し子会社化すると発表した。

ゼンショーHDは、2012年11月のマルヤのM&Aを皮切りに、外食事業で培ってきたMMDシステムを基盤とする食材の調達力、商品開発力や店舗運営ノウハウ等を最大限活用し、食品小売事業の業容拡大に取り組み、現在、関東圏を中心に食品スパーマーケット「マルヤ」、「マルエイ」、「尾張屋」及び青果販売店「ユナイテッドベジーズ」等を約100店舗展開している。

一方、フジタコーポレーションは、群馬県を中心に食品スーパーマーケット「フジマート」、「アバンセ」、「マルシェ」及び惣菜専門店「でりしゃす」を計44店舗展開しており、その店舗網は食品小売店舗網と地理的補完関係にある。

株式取得により、商品開発、食材調達、物流、店舗運営、店舗立地開発等の各分野において相乗効果が期待でき、グループの食品小売事業のさらなる競争力向上を実現できるものと判断したもの。

(飲食・ホテル・旅館のM&Aニュース)

飲食・ホテル・旅館業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。