HOME

>

M&A業界動向

>

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

石油卸しのカメイ、食品輸入のコダマ等2社を買収

掲載日:2017年06月21日

石油卸しのカメイ(本社:仙台市青葉、代表:代表取締役社長 亀井 文行)は、コダマ(本社:東京都大田区、社長:小玉勝巳)及びアンジェリー ナ(本社:東京都大田区、取締役:小玉滋子)の株式を取得したと発表した。
カメイは、現在 6 営業部門制(法人営業部、ホーム事業部、カーライフ事業部、食料部、建設資 材部、ファーマシー事業部)にて営業活動を行っている。

一方、コダマは、3 ヶ所の製造工場を有し、ハム・デリカテッセンに加え、焼き菓子・パン等の食品 製造事業、日本では手に入りにくい生ハムやワイン、有機食材等に特化した輸入貿易事業のほか、 主に自社製品を扱う小売店やレストランを 16 店舗運営している。また、アンジェリーナは、厳選した良質なチーズの加工・卸売を行う食料事業を展開している。

コダマ及びアンジェリーナの株式を取得し、カメイグループに迎え入れることにより、 食料事業(主に食肉)の製造から卸売・小売までを自社で完結し、グループの食料事業及び貿易事業の強化拡大を図るとしている。

(食品卸・小売(スーパー)のM&A)

食品卸・小売(スーパー)業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。