HOME

>

M&A業界動向

>

IT・情報通信業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

IT・情報通信業界のM&Aニュース

サイバーリンクス<3683>、自治体向け基幹システム提供等の南大阪電子計算センターを買収

掲載日:2018年08月22日

サイバーリンクス(本社:和歌山県和歌山市、代表:代表取締役社長 村上 恒夫)は、南大阪電子計算センター(本社:大阪府貝塚市、代表:代表取締役社長 宇治 保、以下「MCC社」)の全株式を取得して子会社化すると発表した。

サイバーリンクスは、官公庁向けクラウドサービス分野において和歌山県内を中心に営業基盤を構築する中、同分野のさらなる成長を図るため、中期経営計画において統合住民サービス等の新たなクラウドサービスの構築と全国への事業展開を進めている。

一方でMCC社は、大阪府南部エリア、和歌山県及び奈良県の地方自治体向けに基幹システムの提供等を中心に事業展開しており、長年の実績に基づいた強固な営業基盤を構築している。 MCC社の事業は、当社事業との親和性、補完性が高く、両社が連携し、各々が官公庁や 医療機関向け事業分野で培ってきたノウハウと営業基盤を活かし、シナジー効果を生み出すことにより、中期経営計画の推進を加速できると判断した。

上記のような状況の下、当社およびMCC社との間で、MCC社を子会社化することに関 する基本合意に至った。現在のところ、最終的な株式取得に関する詳細は決定していないが、株式譲渡及び株式交換の組み合わせによる方法によりMCC社全株式を取得することを検討している。詳細は、決定次第あらためて開示する。

【対象会社の概要】
名称: 株式会社南大阪電子計算センター
所在地: 大阪府貝塚市脇浜四丁目2番22号
代表者の役職・氏名: 代表取締役会長 上岡 兼千代 代表取締役社長 宇治 保
事業内容: 自治体向けシステムの販売、設計、開発、導入支援、アウトソーシング 電子カルテ・医療事務システムの販売、設計、開発、導入支援
資本金: 80百万円
設立年月日: 1969年12月22日

(IT・情報通信のM&A)

IT・情報通信業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。