HOME

>

M&A業界動向

>

人材関連・アウトソーシング業界のM&Aニュース
中堅・中小企業の事業承継・M&Aはコーポレート・アドバイザーズにお任せください

ニュース

M&A

人材関連・アウトソーシング業界のM&Aニュース

UTグループ<2146>、労働者派遣事業のタイト・ワークを買収

掲載日:2017年03月10日

製造分野へのエンジニア・設計開発技術者の派遣・請負などを行うUTグループ(本社:、代表:代表取締役社長兼CEO 若山陽一)は、タイト・ワーク(本社:大阪府大阪市、代表:代表取締役 山田志延)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。取得金額は約18億円。

平成10年に設立されたタイト・ワークは、1,600名を超える従業員を擁しており、大阪・兵庫・京都を拠点とするアウトソーシングカンパニーとして、大手製造メーカーを中心とした顧客に対して、地域密着の事業を展開しており、確固たる信頼と高い営業シェアを有している。

現在の雇用環境は、過去最高水準の有効求人倍率を背景に採用コストが上昇傾向にあり、顧客企業においては、モノづくりに関わる人材の採用が喫緊の課題となっている。

今後、タイト・ワークを子会社化することで製造派遣事業の一層の事業拡大を図ると共に、ノウハウとの統合により、継続的に企業価値を向上させることができると判断し、今般の買収を決定したもの。

(人材関連・アウトソーシングのM&Aニュース)

人材関連・アウトソーシング業界のM&Aニュース

コーポレート・アドバイザーズM&Aへお気軽にご相談ください。

セミナー参加
ご希望の方

無料相談
ご希望の方

無料相談・秘密厳守
無料相談・秘密厳守

M&Aに関する無料相談やセミナーを随時行っております。